プラモデル,模型,1/144飛行機のメーカー,零戦,SWEET 1/144スケール模型のSWEETです。
 
top news products support about us
 
 
 

What's NEW

「第56回 静岡ホビーショー」に出展します。


日時:《業者招待日》5月11・12日 9:30〜16:30
   《一般公開日》5月13・14日 9:00〜17:00(最終日は16:00)

SWEETのブース番号は北館のC-18です。

当日は新商品のSWEETデカールNo.39シーキング海上自衛隊や、オリジナルグッズなどの販売を予定しております。
みなさまと初夏の静岡ホビーショーでお会い出来る事を楽しみにしてます。


シーキング(海上自衛隊) 南極観測60周年・リニューアル版 新発売!


今年は1957年に日本の南極観測が開始されて60周年を迎えます。かって砕氷船「ふじ」「しらせ」「二代目しらせ」に搭載されて日本の南極観測基地(昭和基地)建設や観測機器の物資輸送に参加して活躍したのが海上自衛隊のシーキング・ヘリコプタです。

現在は絶版となっています、SWEETデカールNo.1 シーキング(海上自衛隊)セットには、砕氷艦「しらせ」飛行隊に加え徳島基地救難飛行隊と第121航空隊の3機分のデカールが入っています。このたび南極観測60周年を記念して、これを復刻、リニューアル版として発売します。

パッケージ形態は以前の袋入り吊るしから化粧箱入りに変更となります。鰍e-TOYS製シーキング・キットとSWEET製部品も1箱に2機入りとなり、以前より1機分増加してグレードアップしました。デカールセットには砕氷艦「しらせ」飛行隊ほか合計3機分のイタリア・カルトグラフ社製のデカールが入ります。塗装に便利なカラー塗装図付きです。

南極観測60周年記念版のBOXイラストは、航空機イラストレーターとして活躍されています下田信夫さんが、立川市の国立極地研究所の広報展示施設「南極・北極科学館」を取材して、隊員の防寒衣類などの個人装備や可愛いペンギンまで丹念に調査して描きあげた力作です。

オレンジ色の鮮やかな船体の砕氷艦「しらせ」にアドリーペンギンも加わったシーキング・ヘリの楽しいイラストと共に、極地での厳しい気象条件下でのシーキング・ヘリコプタと観測隊員達の苦労や活躍にも想いを巡らせていただく事が出来る新製品です。

SWEET 2017 new item 14139

▲【新商品】ITEM No.14-D039 1/144 Scale SWEETデカール No.39 シーキング 海上自衛隊

価格:1,500円(税抜き本体価格)
発売予定:2017年5月18日(発送予定2017年5月17日)

新製品 ITEM 14139 零戦21型 空母戦闘機隊の飛行甲板セット

この年末一押しの新製品、空母より発艦する「零戦21型」の雄姿を再現する事が出来る情景セットモデルです。
ITEM 14129「零戦21型 空母戦闘機隊」の「零戦21型」2機と空母の飛行甲板部品(後部リフト部)を組み合わせてセットにしました。 従来の様に「零戦」と「飛行甲板」のキットを、モデラーの皆様が別々に購入する手間を省きました。
デカールはイタリア・カルトグラフ社製、緒戦のハワイ攻撃から南太平洋海戦にて活躍した7隻の空母から10機分を選びました。 飛行甲板用の白線デカールも新たに追加しました。

漫画家・藤田幸久さんの描くBOXイラストの様な情景モデルを手軽に再現する事が出来ます。

SWEET 2016 new item 14139
▲【新商品】ITEM 14139 1/144 Scale 零戦21型 空母戦闘機隊の飛行甲板セット
価格:1,700円(税抜き本体価格) イラスト:藤田幸久

発売は12月8日(12月7日弊社発送)となります。

「おおさかホビーフェス2016」に出展しました。

11月3日マイドームおおさかにて開催されました「おおさかホビーフェス2016」にて、SWEETの完成モデルと当日会場発表の新製品、ITEM14139「零戦21型 空母戦闘機隊の飛行甲板セット」を、ご来場いただきました多くのモデラーの皆様に見て頂き、また皆様とお話する機会を得て有意義な一日を過ごす事が出来ました。ご来場頂きました皆様ありがとうございました。

“タミヤフェア 2016”に今年も出展させていただきます。

【開催日時】11月19日(土)9:00〜16:00 ・20日(日)9:00〜16:00

【場所】ツインメッセ静岡

タミヤフェア2016
詳しくはこちらから確認ください。
☆★タミヤフェア 2016☆★

ぜひお友達やご家族とご一緒にタミヤフェアにお越し下さい。お待ちしております☆★

“第1回 おおさかホビーフェス”にて製品展示します。

【開催日時】11月3日(木)祝日 10:00〜16:00 (最終入場は15:30まで)

【場所】マイドームおおさか2F

詳しくはこちらから確認ください。
● 第1回 おおさかホビーフェス

初めての関西地区の出店です。
お近くのみなさま、お時間がございましたらどうぞお立ち寄りくださいね。

“遠州横須賀街道ちっちゃな文化展”にて展示を致しました。【終了しました】

当日お立ち寄りいただいた皆様、ご協力いただきました皆様方、どうもありがとうございました。
【開催日時】10月22日(土)9:00〜21:00 / 23(日)9:00〜17:00の2日間展示

※ 遠州横須賀街道ちっちゃな文化展は10月21日(金)13:00〜17:00からの3日間開催しますが、SWEETが展示をするのは2日間です。

詳しくはこちらから確認ください。
● 遠州横須賀街道ちっちゃな文化展

● 出店場所はこちらの地図の川原町(2・3の建物のあたりです。) 展示会場

“山梨市プラモデル作品展示会in 街の駅やまなし”に出店しました。

お越しいただきました皆様、どうもありがとうございました。
SWEETは 山梨市プラモデル作品展示会in 街の駅やまなしに出店します
▲詳しい情報はこちらからご覧下さい▲

【開催日時】7月2(土)12時〜18時、3(日)9時〜16時の2日間開催

発売されたばかりの「カワイイ! ネコの飛行甲板(U,S.NAVY)」や零戦21型 台南航空隊その他、ポスターなどのSWEET グッズもご用意しますので、お近くのみなさま、ぜひ会場でお会いしましょう!

6月の新製品「カワイイ! ネコの飛行甲板(U,S.NAVY)」


SWEET 2016 new item 14138
▲【新商品】ITEM 14138 1/144 Scale カワイイ!ネコの飛行甲板 (U.S.NAVY)
価格:1,000円(税抜き本体価格)


6月の新製品、「カワイイ! ネコの飛行甲板(U,S.NAVY)」 いよいよ新発売です。5月に開催されました「第55回静岡ホビーショー」にて発表、展示を行いましたが、飛行機モデラーのみならず、一般の見学の皆様や報道関係者から熱い注目と「とても カワイイ!」のお言葉を多数頂きました。これは最近の日本でのネコ・ブームによる物と思われます。2015年一年間のネコ関連の経済効果は2兆3000億円と絶好調です。「ネコノミクス」が、いよいよ模型業界にも到来しました。

この新製品企画は2015年に発売が終了した「ネコの飛行甲板(ROYAL NAVY) (ITEM No.14111)」と現在発売中の「ネコの飛行甲板(U,S NAVY)(ITEM No.14109)」の飛行甲板(エレバーター無しと、エレベーター付き)2種類をセットにして、これに人がネコの着ぐるみを着た設定で1/144スケールに縮小したネコのパイロットとデッキクルー14匹をフィギュアーとして加えた物です。

アメリカ空母の飛行甲板の製品化を要望されるモデラーの皆様方と、最近のネコ・ブームが製品化に結びついた稀な新製品となりました。

BOX裏面は艦橋のペーパークラフトになっていますので簡単にアメリカ空母の艦橋まわりが作れる楽しい製品です。BOXイラストとネコのキャラクターデザインは、漫画家・藤田幸久さんが担当しました。

ネコのフィギュアーは、服装を塗り変えれば、日本空母の乗員にもなり、陸上基地や水上機地など、いろいろな情景シーンにも対応する事が出来ます。ぜひ楽しい情景モデル作りにお役立て下さい。
ネコ好きの彼女へ、プレゼントすれば彼女の心もネコづかみ出来るかな?

(BOXイラストの飛行機は、キットに含まれません!)

発売日:2016年6月28日(火曜日)(所によっては6月29日)
発売希望価格:1,000円(税抜き本体価格)



【零戦21型 台南航空隊】 ITEM:14137が、いよいよ新発売されます。


最強戦闘機隊として、あまりにも有名な「台南航空隊」なのですが残された記録写真が少なく、特に昭和17年(1942年)4月、ラバウル進出以降の写真は限られた物しか有りません。今年2月に大日本絵画より刊行された「台南海軍航空隊」【ニューギニア戦線編】は、連合軍側が捕獲し調査した台南航空隊の機体をカラー側面図で紹介されていて貴重な資料本です。

なかでも4月23日ラエ基地に所在する台南空の零戦21型の機体番号を連合軍地上部隊が偵察した記録はモデラーにとって大変貴重な資料です。ラエ基地所在の20数機を総て作り並べるのも一興かと思いデカールに機番号0〜9までを余分に入れました。

また下田信夫さんのBOXイラストの機体番号「V-138」の「1」の部分を注意してご覧下さい。機番号の「1」ですが台南空の書体は他の部隊と異なり「1」の頭の所のツメが上向きに描かれています。捕獲された前田機「V-110」や零戦32型「V-187」報国-870(洪源號)にも同様な書体で記入されています。細かな所ですが、こだわって作図してみました。

また報国號の文字と番号は三菱で同じステンシル版を使って機体に描かれています。このステンシルの切れ目が小さな1/144スケールのデカールとなった場合、シルク印刷で再現出来るのか不安でしたが極力正確に報国の文字と番号を作図して、あとはイタリアのカルトグラフ社の印刷技術に託してみました。結果は見事に1/144スケールの小さなデカールにステンシルの切れ目を刷り出してくれました。イタリア・カルトグラフ社の技術と職人芸を手にとって、ご覧下さい。最新の資料と考証に基づいて細かな部分にも、こだわって「台南航空隊の零戦21型」を発売致します。

発売日5月31日(所によっては6月1日)価格:1,500円(税抜き本体価格)

「第55回 静岡ホビーショー」に出店しました。


お越しいただきましたみなさま。どうもありがとうございました。

日時:《業者招待日》5月12・13日 9:30〜16:30
   《一般公開日》5月14・15日 9:00〜17:00(最終日は16:00)

SWEETのブース番号は北館のC-13です。

当日は下記の新商品や復刻商品、オリジナルグッズなどの販売を予定しております。

★【新商品】ITEM 14137 1/144 Scale 零戦21型 台南航空隊
★【新商品】ITEM 14138 1/144 Scale カワイイ!ネコの飛行甲板 (U.S.NAVY)
★【オリジナルグッズ】シール・ポスター(新作ができました。)

などなど…ご用意しておりますので、お友達・ご家族お誘い合わせの上、ぜひ“第55回 静岡ホビーショー" にお越し下さい。

※ 毎年ホビーショー当日購入される商品について悩まれる方が多くいらっしゃいます。
デカールセットなどをご購入予定の方は、お間違えのないように、目的の商品名などをあらかじめご確認いただくことをおすすめいたします。

SWEET 2016 new item 14137
▲【新商品】ITEM 14137 1/144 Scale 零戦21型 台南航空隊
価格:1,500円(税抜き本体価格)

SWEET 2016 new item 14138
▲【新商品】ITEM 14138 1/144 Scale カワイイ!ネコの飛行甲板 (U.S.NAVY)
価格:1,000円(税抜き本体価格)


 華麗なる九六艦戦 第一女教員號 新発売!

SWEET 2016 new item 14136 華麗なる九六艦戦 第一女教員號

蒼龍戦闘機隊の九六艦戦、報国-348「第一女教員號」と報国-386「第一福井織物號」の華やかで美しい機体塗装が楽しめるデカールを用意しました。
このほか2種類の機体デカールを加えて合計4機分用意しました。 デカールは高品質なイタリア・カルトグラフ社製です。九六艦戦は1箱に2機入りです。 Nobさんこと下田信夫氏の華麗なBOXアートと合わせてお楽しみ下さい。

SWEET 2016 new item 14136 発売予定:2016年 3月 1日  価格:2,000円(税抜き本体価格)

 復元された零戦22型 試験飛行

零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を復元した機体が2016年1月27日、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)で試験飛行しました。 機体は1970年代にパプアニューギニアのジャングルで見つかり、修復されたもの。2014年、アメリカから分割して日本に持ち込まれました。

零戦里帰り再び日本の空へ

零戦のバリエーション中、一番優雅で美しいと称えられた零戦22型。小さなモデルで再現してみてはいかがでしょうか?

【二式水戦発見される!】

ミクロネシア連邦チューク州の海底に眠る「二式水戦」が、ほぼ完全な状態で発見されました。大戦中に約300機が生産されましたが今まで現存する機体の存在は確認されていませんでした。これまでミクロネシアの海底に眠る、旧日本軍の艦船や航空機を水中撮影され貴重な写真を公開されてきた、戸村浩幸氏が発見されました。画像を見る限り主フロートの先端部は欠損しているようですが翼端フロートや垂直尾翼は、完全な状態を保っています。「百聞は一見にしかず」公開された動画をご覧下さい。



【二式水戦の垂直尾翼の寸法】


胴体基準線から垂直尾翼先端までの寸法は、1800mmです。ちなみに零戦21型は1720mmですから、零戦と比べ80mm延長されました。今まで色々な文献で二式水戦の方向舵の寸法が推測されて来ましたが「80mm延長」が正解です。寸法の出所は防衛庁 防衛研究所 公開資料6の 研究資料-15「仮称1号水上戦闘機実験(昭和17年8月27日)からと、米海軍が調査した資料(JAPANESE FLOAT PLANE "RUFU") CAPTURED ENEMY EQUIPMENT No.880から確認しました。米海軍資料では胴体基準線より70インチ3/4となっており、換算すると1797mmです。換算誤差を考慮すると日本側資料の1800mmとほぼ一致します。

SWEETの1/144二式水戦は、上記寸法にてモデル化しました。タミヤ1/48二式水戦も同様に垂直尾翼が延長してモデル化されていますので他社メーカーと比較されると、その違いが判ります。なを、二式水戦の胴体側面の座席付近は零戦よりも補強されており、パネルラインが異なります。些細なことですがSWEETの二式水戦は、こんな所もこだわってモデル化致しました。

★ITEM 14135 【九六艦戦 蒼龍(そうりゅう)戦闘機隊1938-1939】

【九六艦戦のカラフルな機体塗装が魅力です。】
九六艦戦の魅力を、1/144スケールの小さなモデルに凝縮してみました。
洗練された美しい機体形状は、モデラーにとって大きな魅力ですが、銀ピカの機体と尾翼の赤い保安塗装、主翼上面に大きく描かれた「報国」の文字と番号、胴体に描かれた報国號の名称や赤や白色の胴体帯は九六艦戦ならではのカラフルな機体塗装が楽しめます。

今回は「蒼龍三羽烏(がらす)」として有名な空母「蒼龍(そうりゅう)」戦闘機隊分隊長、横山保大尉の指揮小隊の3機と報国-307(航空計器號)W-121号機の4機分をデカールで用意しました。デカールは高品質なイタリア・カルトグラフ社製です。

BOXイラストは、航空機イラストレーター下田信夫氏に空母「蒼龍」上空を日章旗を、はためかせて飛行する横山大尉の愛機を描いて頂きました。

SWEET 九六艦戦 蒼龍(そうりゅう)戦闘機隊1938-1939 「タミヤフェアー2015」会場 SWEETブースにて新製品を展示しました。

発売予定:2015年12月8日 価格:2,000円(税抜き本体価格)
1箱に96艦戦2機入りです。
SWEET 九六艦戦 蒼龍(そうりゅう)戦闘機隊1938-1939完成見本
SWEET 九六艦戦 蒼龍(そうりゅう)戦闘機隊1938-1939完成見本

塗装例の飛行甲板は製品に含まれていません。日本海軍航空母艦(翔鶴・瑞鶴型)飛行甲板セットを合わせてご利用いただきますと、写真のような情景に仕上げることができます。どうぞ合わせてご利用ください。

★☆ SWEETはタミヤフェア2015に出展しました ★☆

2014 ★☆タミヤフェアはツインメッセ静岡で開催されます★☆

【お立寄りいただきましたみなさまありがとうございました。】

場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 
入場:無料
日時:11月21日(土):9時〜17時・11月22日(日):9時〜16時

【SWEET DECALシリーズに【九六艦戦】登場!】

きらびやかな戦国武将の装いに似た、九六艦戦のカラフルな機体塗装は大変魅力的な題材です。

また、太平洋戦争で活躍した零戦エース・パイロットの多くは、中国戦線で九六艦戦に搭乗して空戦経験を重ね技量を向上したと伝えられています。SWEETはデカール・シリーズにて、カラフルで魅力的な機体や後にエースへと成長したパイロット達が搭乗した九六艦戦の機体を選び製品化していきます。今後の製品開発に、ご期待下さい。

ITEM 14-D038 SWEET DECAL No.38 九六艦戦 第12航空隊(3-107)坂井三郎搭乗機

第一弾は「大空のサムライ」として有名な撃墜王・坂井三郎が九六艦戦にてデビューした、中国戦線の第12航空隊に配属され、初撃墜を記録した当時の愛機(3-107)号機を、デカールセットにしました。昭和14年5月頃の坂井三郎二空曹の愛機は陸上基地で運用された為、艦上戦闘機ながら着艦フックを取り外し、無線機も装備しなかった為にアンテナ支柱も取り去っています。また当時の基地は長雨で飛行場が泥土となって、ぬかるんでいて車輪カバー内に泥土が詰り車輪がロックして着陸時に転倒事故が発生する恐れがあって、車輪カバー後部を取り外していました。
SWEET 96艦戦
【航空機イラストレーター・下田信夫ワールドが始まります!】

今回より航空機イラストレーターとして雑誌「丸」や「スケールアヴィエーション」等で、活躍されています下田信夫氏のイラストが、SWEETのデカールセットを飾る事になります。飛行機をこよなく愛する下田氏ならではの、ほのぼのとした独特の機体のディホルメそして柔らかな色調が魅力です。より多くの皆様に楽しんで頂けるデカールセット・シリーズとなります様に、新たな気持ちで今後の製品開発に努めてまいります。
SWEET 96艦戦
セットには九六艦戦1機分と、イタリア・カルトグラフ社製デカールがセットされています。はがきサイズの下田信夫氏のカラーイラストの裏面には、坂井機のカラー塗装図が印刷されています。    

発売予定:2015年7月8日(水) 価格:1,000円(税抜き本体価格)


ITEM 14134 【九六艦戦(A5M4)千歳航空隊】発売日のお知らせ


SWEET STOREにて九六式四号艦上戦闘機、略称「九六艦戦」の予約販売を始めました。
ご注文いただいた商品は「九六艦戦」の発売予定日2015年6月9日(火)より、順次出荷いたします。

SWEET STOREではSWEETの1/144スケールモデルのキットやオリジナルグッズなどのお買い物をお楽しみいただけます。

   SWEET STORE


ITEM 14134 【九六艦戦(A5M4)千歳航空隊】発売日のお知らせ


【九六式四号艦上戦闘機、略称「九六艦戦」のご案内】

「九六艦戦」の原型機「九試単戦」は、今から80年前の昭和10年(1935年)に初飛行しました。後に「零戦」の設計主任として有名となった堀越二郎が手がけた出世作である。機体の軽量化に務め、空気抵抗を減らす沈頭鋲を採用して速度の向上を目指して、当時としては驚異的な時速450キロを達成しました。また空戦性能向上の為の主翼の捻り下げや着陸性能を向上させるフラップの採用など、最新の技術とアイデアを盛り込み創り上げた戦闘機でした。昭和11年、日本海軍に世界最初の単葉艦上戦闘機として採用されました。出現当時は速度、上昇力、空戦性能とも世界のトップクラスの性能を誇っており、日本の設計技術が世界的水準に達した事を実証しました。約1,000機が生産され、日中戦争から太平洋戦争の初期まで使用され活躍しました。九六艦戦の開発、生産で育まれた技術と経験は後継機、名機「零戦」の誕生に大きく貢献しました。

【決定版 九六艦戦の超精密モデル誕生!】

洗練されたスリムな胴体、なだらかなカーブの楕円主翼で構成された「九六艦戦」の美しい機体形状の魅力を1/144スケールに再現しました。主翼のねじり下げ形状や当時の写真を詳細に検証してモールドした主翼や機体外板の彫刻線は必見です。着陸時の視界を確保する為、食い欠いたカウルフラップや機首部分、エンジンカウリングの照準用の凹みも忠実に部品化。流線型の固定脚カバー、着艦フックや落下タンク等の部品形状から彫刻線まで細心の注意を払って再現した超精密モデルです。新考証の千歳航空隊の報国-373(伊勢丹號)など4種類のカラフルな機体塗装が選べます。デカールはイタリア・カルトグラフ社製です。 漫画家・藤田幸久さんの楽しいコミックBOX1箱に「九六艦戦」2機分が入っています。

発売予定:2015年6月9日(火) 価格:2000円(税抜き本体価格)

★ITEM 14134 【九六艦戦(A5M4) 千歳航空隊】

「第54回 静岡ホビーショー」会場にて新製品を展示しました。

【みなさまお立寄りいただきましてありがとうございました。】

場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 入場料:★無料☆
日時:《業者招待日》5月14・15日 9:30〜16:30
   《一般公開日》5月16・17日 9:00〜17:00(最終日は16:00)


★ITEM 14134 【九六艦戦(A5M4) 千歳航空隊】
SWEET 96艦戦

【九六艦戦】の魅力を、1/144スケールの小さなモデルに凝縮してみました。
下の画像は試作品です。
SWEET 96艦戦
静岡ホビーショー会場にて、直接手にとってご覧下さい。小さな部品から、そして部品に彫られた彫刻線の1本1本に込めたSWEETの思いと「九六艦戦」の美しさを感じ取って頂けたら幸いです。
新考証のカラフルな機体塗装と、漫画家 藤田幸久さんのBOXイラストと合せて、お楽しみ下さい。

【SWEET DECAL No.37 零戦21型 第265航空隊 戦闘第8飛行隊】

SWEET DECAL No.37 零戦21型 第265航空隊 戦闘第8飛行隊

マリアナ諸島サイパン島の雷(いかずち)部隊、第265航空隊

4月の新製品は、写真集「南海の海鷲たち」にて初公開された阿部徹雄氏の写真を基に最新の考証で第265航空隊 戦闘第8飛行隊の零戦21型(8-26号機)を制作しました。

デカールセットには、カラー塗装図と零戦21型のキット1機分が入っています。さらに、零戦21型(中島製・生産後期型)の特徴の長いプロペラスピンナーと零戦52型仕様の短いアンテナ支柱や3号空対空爆弾部品もセットに追加しました。デカールはカルトグラフ社製です。(日の丸デカール入り)

マリアナ諸島サイパン島の雷(いかずち)部隊、第265航空隊

第265航空隊は昭和18年11月鹿児島で編成されて第一航空艦隊に編入。当初は「狼」部隊と呼ばれ、その後の編成替えで「雷(いかずち)」部隊となりました。部隊記号は垂直尾翼に大きく黄色でイナズマを描き、その上に機番を赤に白ふち取り文字で「雷112」の様に記入した派手な物でしたが、19年3月で廃止されました。(弊社製品 Item No. 14112 零戦21型 グリーンVer.塗装図(2)第265航空隊 雷(いかずち)部隊を参照下さい。)

昭和19年1月、台湾・新竹基地に移動。5月、中部太平洋マリアナ諸島のサイパン島、第一飛行場に進出。来襲する敵大型爆撃機の邀撃戦を行う一方、部隊の一部をビアク作戦に参加させる為、ヤップ島経由で6月5日、南西方面のハルマヘラに進出させました。
この頃、当地を訪れていた毎日新聞海軍報道班員、阿部徹雄氏によって、265空所属の零戦21型(8-26号機)は撮影されました。

垂直尾翼に描かれた「8」の符号は、昭和19年6月18日、米軍がサイパン島の第一飛行場を占領して捕獲した多くの零戦52型に描かれていた「8」の符号と同一です。最新の考証で、これらの機体は第265航空隊戦闘第8飛行隊の所属機と推定されています。
また(8-26号機)のエンジンカウリング側面に描かれた細い横線の色は、白色か黄色か判別が難しく、デカールセットでは白色と黄色の2色を用意してモデラーの皆様の選択に任せる事としました。

参考文献として 大日本絵画刊 「日本海軍の艦上機と水上機」を、お薦めします。著者の川崎まなぶ氏が調査された、第265航空隊の戦闘第8飛行隊に関する186ページの記述は必見です。


SWEET DECAL No.37 零戦21型 第265航空隊 戦闘第8飛行隊

発売予定:2015年4月14日(火) 価格:800円(税抜き本体価格)


【SWEET DECAL No.36 零戦21型 第381航空隊 (指揮官機 81-1146)】

SWEET DECAL No.36 零戦21型 第381航空隊 (指揮官機 81-1146)

南海の海鷲 第381航空隊(指揮官機)

3月発売の、デカールセットNo.36は、写真集「南海の海鷲たち」にて初公開された第381航空隊の零戦21型(中島製、生産後期型)の(指揮官機 81-1146)の機体を選びました。当時この方面に展開していた381空の機体は昭和18年12月、陸海軍協同のカルカッタ進攻作戦にて採用された、味方識別塗装を継承しており、垂直尾翼両面と主翼端上面を灰緑色(機体の下面色)に塗り分けていました。さらに指揮官機は指揮官標識として、エンジンカウリング前縁部を灰緑色(機体の下面色)に塗り分けて識別しやすい塗装が施されていました。

これまでに発表されていた写真では、第381航空隊 戦闘第311飛行隊の神崎國雄大尉の機体が有名ですが、残念ながら機体番号が判読出来ませんでした。また神埼隊長機には胴体に白線2本が斜めに描かれており、今回デカール化した機体は神崎隊長機では無く、別の分隊長クラスの機体と思われます。しかしながら機体番号が明確に読み取る事が出来、さらにプロペラ先端の警戒線は赤帯1本である事も判明しました。セットには指揮官機の僚機として、81-1142号機のデカールも追加してみました。先に発売(2月)した、デカールセットNo.35 零戦21型 第381航空隊 (報国 セラム第一號)と作り比べて楽しんで頂きたいデカールセットです。

参考文献 :文芸春秋刊 渡辺洋二著 隊員たちの写真集「闘う零戦」

大日本絵画刊 「南海の海鷲たち」南西方面の日本海軍航空隊 

SWEET DECAL No.36 零戦21型 第381航空隊 (指揮官機 81-1146)

デカールセットには、カラー塗装図と零戦21型キット1機分が入っています。さらに、零戦21型、生産後期型(中島製)の特徴の長いプロペラスピンナーと零戦52型仕様の短いアンテナ支柱や3号空対空爆弾部品もセットに追加しました。デカールは高品質なイタリア・カルトグラフ社製です。セット形態は口紙(ヘッダー)袋詰め吊るしです。(日の丸デカール入り)

発売予定:2015年3月10日(火) 価格:800円(税抜き本体価格)


【2月発売予定】SWEET DECALセットNo.35 

【SWEET DECAL No.35 零戦21型 第381航空隊(報国セラム第一號)】

SWEET DECAL No.35 零戦21型 第381航空隊(報国セラム第一號)

大日本絵画より2014年11月に出版された写真集「南海の海鷲たち」は、元毎日新聞海軍報道班員、阿部徹雄氏が昭和19年、現在のインドネシア(当時の呼称は南西方面)周辺の海軍航空隊に従軍して撮影された、第381航空隊などの未発表の日本海軍機が収められている貴重な写真集です。SWEETでは、これらの未発表写真から魅力ある機体3種類を選び、デカール化してSWEETデカールセットとして2月より毎月1点ずつ発売致します。

発売予定:2015年2月18日(水) 価格:800円(税抜き本体価格)


SWEET DECAL No.36 零戦21型 第381航空隊 (指揮官機 81-1146)

「南海の海鷲たち」にて初公開、第381航空隊の零戦21型 (報国 セラム第一號)

2月に発売する、デカールセットNo.35は、写真集「南海の海鷲たち」にて初公開された第381航空隊の零戦21型(中島製、生産後期型)の(報国 セラム第一號)の機体を選びました。 垂直尾翼両面と主翼端上面を灰緑色(機体の下面色)に塗り分けて、胴体後部には(報國 セラム第一號)と、大きく描かれた派手な機体塗装が魅力の機体です。

当時、南西方面に展開していた381空の零戦21型は昭和18年12月、陸海軍協同のカルカッタ進攻作戦にて採用された、垂直尾翼両面と主翼端上面を灰緑色(機体の下面色)に塗り分けた、特別な味方識別塗装を継承していました。18年12月のカルカッタ進攻作戦では、協同作戦する陸軍の戦闘機が見慣れない海軍の「零戦」を敵機と見間違い、味方撃ちを避ける為に海軍の「零戦」に施した特別な味方識別塗装です。

デカールセットには、カラー塗装図と零戦21型キット1機分が入っています。さらに、零戦21型、(中島製、生産後期型)の長いプロペラスピンナーと零戦52型仕様の短いアンテナ支柱や3号空対空爆弾部品もセットに追加しました。デカールは高品質なイタリア・カルトグラフ社製です。セット形態は口紙(ヘッダー)袋詰め吊るしです。(日の丸デカール入り)


【12月発売予定】SWEET DECALセットNo.34

【SWEET DECAL No.34 WWU アメリカ軍用機 国籍マーク(STAR AND BAR)】

SWEET DECAL No.34 WWU アメリカ軍用機 国籍マーク(STAR AND BAR)

第二次大戦で使用された、アメリカ軍用機に描かれた通称(STAR AND BAR)と呼ばれる、お馴染み星のマークには、1943年6月制定されたTYPE-3と1943年9月に制定されたTYPE-4の2種類が有ります。星の国籍マークの周りを赤枠で囲んだTYPE-3は、敵国、日本機の赤い「日の丸」との誤認され易いとの指摘で制定後一ヶ月余りで廃止されます。代わって赤枠を青枠に変更したデザインの国籍マークがTYPE-4です。TYPE-4は大戦終了後の1947年5月迄永く使用されました。

発売予定日:12月 9日(火)  価格:1,000円(税抜き本体価格)



SWEETはタミヤフェア2014に出展しました。

2014 ★☆タミヤフェアはツインメッセ静岡で開催されます★☆
【終了しました。ご来場いただきましてありがとうございました。】

場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 
入場:無料!★☆
日時:11月15日(土):9時〜17時30分・11月16日(日):9時〜16時30分


SWEET STORE オープン

このたびSWEETのオンラインストア“SWEET STORE”をオープンしました。
SWEET STOREではSWEETの1/144スケールモデルのキットやオリジナルグッズなどのお買い物をお楽しみいただけます。

   SWEET STORE


【10月発売予定】SWEET DECALセットNo.33

【SWEET DECAL No.33 零戦21型 第3航空隊(ラバウル派遣隊 黄(第2)中隊)】
SWEET  DECAL  No.33 零戦21型 第3航空隊(ラバウル派遣隊 黄(第2)中隊)

発売予定日:10月 8日(水)  価格:800円(税抜き本体価格)



第3航空隊は、昭和17年8月7日ガダルカナル島の攻防戦が始まると増援部隊としてラバウル進出を命じられ、零戦21型、21機と搭乗員名27名の3空戦闘機隊、ラバウル派遣隊は9月17日ラバウルに進出した。当時の戦闘機隊の編成は一小隊は3機で、一中隊は3個小隊の9機からなる。派遣された21機は2個中隊分の18機と予備機の3機分に相当する。3空戦闘機隊の第一中隊は相生高秀大尉が率い、第二中隊は分隊長(中隊長)の山口定夫中尉が率いた。3空ラバウル派遣隊は第一中隊が「赤色」、第二中隊は「黄色」の識別帯を胴体後部に描いていたと推定される。

ラバウル東飛行場にて撮影された3空のX-169号機は胴体と垂直尾翼に、それぞれ1本の黄色の帯が描かれている。また検閲で機番が消されているが胴体と垂直尾翼に、黄色帯2本の長機標識を記入した機体写真が存在する。この機体は第二中隊分隊長、山口定夫中尉の機体と思われる。デカールセットでは、山口中尉の機番は推定でX-161とし、X-169号機と2機分を用意しました。

【3空戦闘機隊 分隊長 山口定夫中尉、ガ島上空の闘い】

昭和17年10月3日、鹿屋空 伊藤俊隆大尉の指揮下、3空戦闘機隊の零戦21型、9機は分隊長、山口中尉が率いてガ島上空制圧に出撃。山口中尉の小隊は敵機3機を撃墜したが、山口中尉は機体に被弾してガ島北岸に不時着した。その後、味方の地上部隊に救出されて無事ラバウルに帰還を果たした。 

余談だが当日出撃した3空戦闘機隊の伊藤清一飛曹と大住文雄一飛曹は、中島製零戦の燃料切り替えコックの故障(折損)が原因で燃料切れとなり不時着/水している。両名とも味方に救助され、その後ラバウルに生還する九死に一生を得る体験をしている。

● 参考文献 ●
神立尚紀 著【零戦 最後の証言】光人社 1999年刊行

【9月発売予定】SWEET DECALセットNo.32

【SWEET DECAL No.32 零戦21型 第3航空隊 (X-143号機 中瀬正幸1飛曹搭乗機)】
SWEET  DECAL  No.32 零戦21型 第3航空隊 (X-143号機 中瀬正幸1飛曹搭乗機)

発売予定日:9月 10日(水)  価格:800円(税抜き本体価格)



零戦最初のエース 中瀬正幸一飛曹

中瀬正幸一飛曹は昭和15年7月15日、横山大尉率いる最初の零戦隊(12試艦戦)6機で中国戦線に、一番乗りした零戦搭乗員である。15年10月4日の成都攻撃に於いて列機4機と共に敵の大平寺飛行場に強行着陸して、敵指揮所に放火する破天荒の壮挙を行っている。中国戦線での初戦果は16年3月14日の成都攻撃の空戦で6機(不確実1機)を挙げた。さらに5月26日の南てい攻撃では敵20機に対して味方2機の不利な状況にも臆せず空戦を挑み敵機3機を撃墜した。横須賀航空隊仕込みの空戦技術は天才的で近接射撃を得意とした。空戦技術の腕と度胸と不屈の敢闘精神を兼ね備えた第12航空隊の中心的な搭乗員として中国戦線で活躍した。16年9月新編成の第3航空隊に移り、太平洋戦争開戦と同時に比島、蘭印航空戦に活躍し戦果を重ねた。17年2月3日のスラバヤの空戦では撃墜7機を記録した。2月9日ケンダリー基地を発進しセレベス島マッカサル付近を哨戒中に中瀬は敵装甲車を発見、これを銃撃中に敵弾を受けたが、ケンダリー基地に帰還、着陸と同時に絶命した。零戦最初のエースである中瀬の愛機の左操縦席付近には、桜の撃墜マークが18個(一説には20個)描かれていたと言われている。

● 参考文献 ●
徳島モデラーズ倶楽部マガジン第9号・徳島県人の航空史と乗機 著作 斎藤久夫

【8月発売予定】SWEET DECALセットNo.31

【SWEET DECAL No.31 零戦21型 第3航空隊(ラバウル派遣隊 X−183号機 桜の撃墜マーク)】
SWEET  DECAL  No.31 零戦21型 第3航空隊(ラバウル派遣隊 X−183号機 桜の撃墜マーク)

発売予定日:8月 11日(月)  価格:800円(税抜き本体価格)



夏休みはDVD鑑賞と【零戦】のモデル作りを楽しんで下さい!


この夏、アニメ【風立ちぬ】と映画【永遠の零(ゼロ)】のDVDが発売されます。加えて終戦日特集にて雑誌や各種メディアに【零戦】が採り上げられる機会も多くなります。8月の新製品、デカールセットNo.31  零戦21型 第3航空隊(ラバウル派遣隊 X−183号機 桜の撃墜マーク)は、垂直尾翼に描かれた11個の桜の撃墜マークが【零戦】の活躍を甦させる新製品です。この夏休みは、DVD鑑賞と【零戦】のモデル作りとを同時に楽しむ絶好の機会です。SWEETの【零戦関連製品】は、常時40種類以上が販売されています。ご自分の愛機を40種の製品から選んで下さい。


第3航空隊 桜の撃墜マーク11個を描いたX−183号機、新考証で登場!


第3航空隊は、昭和17年8月7日ガダルカナル島の攻防戦が始まるとソロモン方面の増援部隊としてラバウル進出を命じられた。零戦21型、21機と搭乗員名27名の3空戦闘機隊、ラバウル派遣隊は9月17日ラバウルに進出。以後、2ヶ月間ガ島への輸送の援護作戦や爆撃機隊の直衛任務に従事して敵戦闘機の撃滅戦を行った。

デカールセットは、相生飛行隊長の2番機を務めた、橋口嘉郎2飛曹も幾度か搭乗したと伝えられている機体、X−183号機です。昭和17年春にセレベス島ケンダリー基地にて撮影された桜の撃墜マークが11個描かれた尾翼写真を基にして、デカールを作成しました。写真には機首部分が写って無いのですが、2010年に大日本絵画より刊行された【日本海軍戦闘機隊(戦歴と航空隊史話)】に掲載された、3空ラバウル派遣隊一同の記念写真に、カウリング側面左右に白線を描きこんだ零戦21型が隊員の背景に写っており、この機体がラバウル東飛行場を出撃するシーンの写真が雑誌「丸」編集部編集、光人社1999年刊行の【写真集 零戦】21ページに掲載されています。鮮明なカウリングの白線と共に、薄ぼんやりと見える垂直尾翼の白線と桜の撃墜マークから推定して今回のデカールセットに、まとめてみました。

【7月発売予定】SWEET DECALセットNo.30

【SWEET DECAL No.30 零戦21型 第3航空隊(ラバウル派遣隊 飛行隊長 相生高秀大尉機)】
SWEET  DECAL  No.30 零戦21型 第3航空隊(ラバウル派遣隊 飛行隊長 相生高秀大尉機)

発売予定日:7月 9日(水)  価格:800円(税抜き本体価格)




【指揮官先頭!】に徹した第3航空隊 戦闘機隊飛行隊長 相生高秀大尉


昭和17年8月7日ガダルカナル島の攻防戦が始まり、戦闘が激化するとソロモン方面の航空兵力の増強が図られ日本海軍航空隊の前線基地ラバウルへの戦闘機、攻撃機の増援部隊の移動が命じられた。戦闘機隊では、それまでの台南空と2空に加えて鹿屋空、元山空、6空、そして3空の戦闘機隊が加わり通称「ラバウル戦闘機隊」が出来上がった。

3空はラバウル派遣隊として零戦21型を21機と搭乗員27名が戦闘機隊飛行隊長、相生大尉の指揮の下、9月17日ラバウルに進出した。以降、ガ島への輸送の援護作戦や爆撃機隊の直衛任務に従事して敵戦闘機の撃滅戦を開始した。ソロモンの制空権を確保する、ほぼ連日のラバウルとガ島間、往復約2000キロの過酷な反復攻撃を約2ヶ月間行った後、11月末に派遣隊はセレベス島ケンダリー基地の本隊に帰還した。

3空は11月1日付けで202空と改称されて、この後、オーストラリア北部、ダーウィン等に進攻して、迎え撃つ豪空軍のスピットファイアー戦闘機と幾度も空戦を交えたが、常に3空(202空)戦闘機隊が、豪空軍側を上回る戦果を挙げて圧勝した。相生飛行隊長はラバウル派遣、ダーウィン進攻時とも常に陣頭指揮を執り、日本海軍戦闘機隊の名指揮官の一人に挙げられている。

デカールセットには、相生飛行隊長機と隊長の補佐役で2番機を務めた、公認撃墜数10機以上を挙げた橋口嘉郎2飛曹の機体番号がセットされています。胴体と垂直尾翼に描かれた赤帯は 3空1中隊1小隊を表し、相生飛行隊長機には、それぞれ1本長機標識が追加されています。

ちなみに相生隊長と橋口2飛曹の3空以降の経歴を見ると、相生隊長が18年4月、3空(改称して202空)から大分空の飛行長に転出すると橋口2飛曹も6月に大分空に転出する。18年8月母艦部隊の601空の飛行長になると橋口も12月に601空に移り、「空母 翔鶴」戦闘機隊の先任搭乗員として練成に当っている。3空時代から苦楽を共にした両者の厚い信頼関係が垣間見られる。

● 参考文献 ●
[日本海軍戦闘機隊(戦歴と航空隊史話)大日本絵画 2010年]
[日本海軍戦闘機隊2(エース列伝)]大日本絵画 2011年

【お知らせ】1/144飛行機模型コンテスト結果発表

イエローサブマリン秋葉原スケールショップ1/144飛行機模型コンテスト[第6回いっちょんちょんコンテスト」が開催されました。
SWEET賞は角田 章様の「SWEET 1/144 零戦二一型」に決まりました。素敵な作品を作っていただきありがとうございました。

SWEET賞は角田 章様の「SWEET 1/144 零戦二十一型」

コンテストの結果詳細はこちらからどうぞ。

【6月発売予定】SWEET DECALセットNo.29

【SWEET DECAL No.29 零戦22型 第251航空隊(応急迷彩Ver.)】
SWEET  DECAL  No.29 零戦22型 第251航空隊(応急迷彩Ver.)

発売予定日:6月 10日(火)  価格:800円(税抜き本体価格)

新製品デカールセット5種(No.29〜No.33)6月より毎月1点づつ発売!

今回SWEETは「第53回 静岡ホビーショー」にて新製品5種を発表して、デカールセット製品の、さらなる充実を目指します。
以前のデカールセットには、「日の丸」が入って無く、別売「日の丸デカール・セット」を購入する必要が有りました。今回の5種類は「日の丸デカール入り」となりました。デカールセットには零戦キットが1機分と、カラー塗装図が入っています。デカールは高品質なイタリア、カルトグラフ社製です。セット形態は口紙(ヘッダー)袋詰め吊るしです。

零戦22型 第251航空隊の格子模様の応急迷彩塗装がスゴイ!

ラバウルの台南航空隊は昭和17年11月1日付けにて、第251航空隊と改称となり11月中旬には消耗した戦力回復の為に本土に帰還し練成に努めました。再建した251空は18年5月、新機材の零戦22型でラバウルへ再進出しました。ラバウル進出時は全面灰緑色の機体塗装でしたが、これに通称、応急迷彩塗装と云われるスプレーガンを使用して暗緑色を荒々しく吹き付け迷彩塗装を施しました。格子(こうし)模様の珍しい機体は、胴体に台南航空隊時代の名残の斜めの白帯2本が描かれ、垂直尾翼にも長機標識の横線1本が記入されている。戦闘機隊分隊長、大野竹好中尉の機体と推定されます。尾翼の部隊記号(U1)は暗緑色でオーバーペイントされて消されています。格子模様の迷彩塗装はモデラーの腕の見せ所。上級モデラー向けのデカールセットです。(零戦22型 里帰りプロジェクトが現在進行中、2014年9月以降実機が見れるかも?)



【お知らせ】

大野竹好中尉の遺稿となった251空時代の戦闘記録が文春ネスコ刊、零戦搭乗員会編「零戦かく戦えり!」に掲載されており、撃墜王西澤広義上飛曹についての記述もあり、一読をお薦めします。

【訂正】

ホビーショーにて先行販売しました、デカールセットNo.29 零戦22型 第251航空隊(応急迷彩Ver.)のカラー塗装図の解説で、大野竹雄とあるのは誤りです。正しくは、大野竹好中尉です。お詫びして訂正致します。

第53回静岡ホビーショーに出展します。
【終了しました。ご来場いただきましてありがとうございました。】

場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 入場料:★無料☆
日時:《業者招待日》5月15・16日 9:30〜16:30
   《一般公開日》5月17・18日 9:00〜17:00(最終日は16:00)

<会場限定販売品>

・零戦黒猫一家(フィギュア 3種)
・SWEETのNASAちゃん(フィギュア)
・零戦21型 横須賀航空隊(幻の砂漠迷彩塗装)
・ポスター&マテリアルパーツ etc.

零戦21型 横須賀航空隊
ぜひこの機会にお買い求めくださいね。
新製品の先行販売や会場限定販売品を用意して、みなさまのご来場をお待ちしております。


近日生産終了商品のお知らせ
    
生産終了予定製品を下記の通りご案内させていただきます。
【生産終了予定製品】

#14101 マッキMC.200
#14107 零戦21型

SWEET在庫が無くなり次第の廃番商品となります。お買い求めはお早くお願いします。


消費税率変更に伴うお知らせ
    
2014年4月1日(火)より、消費税率が5%から8%に変わります。
商品発送のタイミングが2014年4月1日(火)以降となる商品については、2014年3月31日(月)以前のご注文であっても、新税率(8%)に基づいた請求とさせて頂きますのでご注意の程、お願い申し上げます。
3月28日(金)以降のご発注分より4月以降の商品発送となります。 消費税率5%でお買いお求めをご希望の場合は、3月27日(木)までにご発注の程お願い申し上げます。


ワンダーフェスティバル2014 [冬]
    
SWEETは2014年2月9日(日)開催のワンダーフェスティバル2014 [冬] に出展します。
ブースNo.は、7-01-13です。

皆様のご来場をお待ちしてます。


生産終了商品のお知らせ

生産終了製品を下記の通りご案内させていただきます。
【生産終了製品】 #14111 ネコの飛行甲板(ROYAL NAVY)WILD CAT & FLIGHT DECK SET

ご愛顧いただき誠にありがとうございました。 


タミヤフェア2013に出展します。

場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 入場料:★無料☆
日時:11月16日(土曜日) 9:00〜17:00 ・ 17日(日曜日)9:00〜16:00


年末に向けて「ゼロ戦」関連商品の品揃えを充実します!

公開中のアニメ「風立ちぬ」や、年末公開の映画「永遠の0(ゼロ)」の影響で、零戦関連の出版物が増えて来ました。
SWEETでは、これから年末にかけて注目される「零戦関連商品」の品揃えを充実させていきます。その一環として零戦52型のデカールセット4点を用意して8月より毎月1点ずつ発売を開始しました。

★SWEET DECALセット第4弾 零戦52型丙 第352航空隊

【防空戦闘機隊、第352航空隊(零戦隊)の活躍】

昭和19年8月、九州北西部の軍需施設や工業地帯を守る為に、長崎県・大村基地で開隊したのが第352航空隊です。
352空は零戦隊、雷電隊、月光隊からなる防空戦闘機隊で、その主力は零戦でした。19年8月中旬から翌20年1月まで中国大陸奥地から九州北西部を空襲するB29爆撃機の防空戦で活躍しました。20年4月、沖縄戦に参戦するため、零戦隊は南九州の鹿児島県・笠ノ原基地に進出して沖縄戦で制空隊として闘い、特攻機援護や戦艦「大和」の直俺など、九州の防人(さきもり)戦闘機隊として奮戦しました。
デカールセットでは352空の独特の部隊記号と派手な機体塗装が楽しめる魅力的な機体塗装デカール2種を用意しました。

【SWEET DECAL No.28 零戦52型丙 第352航空隊】
SWEET  DECAL  No.28 零戦52型丙 第352航空隊
化粧箱入りの新しいパッケージ形態になりました。1箱に零戦52型丙のキット1機入り。
イタリア・カルトグラフ社製デカールとカラー塗装図、取り説がセットされています。

発売予定日:11月13日ごろ  価格:¥1,050(税込価格)


★SWEET DECALセット第3弾 第601航空隊 戦闘310飛行隊

 【垂直尾翼に描かれた白い星の撃墜マークに注目!】

第601航空隊 戦闘310飛行隊は、昭和20年2月から7月まで、沖縄戦や南九州の防空戦、その後茨城県の百里基地に移動して関東地区の防空戦で活躍しました。

大戦末期の劣勢を挽回する為、戦闘310飛行隊では、隊員の戦意高揚の一策として、敵機撃墜の戦果を垂直尾翼に白い星を撃墜マークとして書き込みました。

元隊員の証言で白浜芳次郎上飛曹の愛機(601-32 機番推定)には、白い星の撃墜マークが4個描かれていました。

(機番601-27)は昭和20年1月、岩国基地に於ける練成訓練で空中での識別、視認効果を高める為に、主翼に白い斜め帯を記入した空戦訓練識別塗装の機体です。

【SWEET DECAL No.27 零戦52型丙 第601航空隊 戦闘310飛行隊】
SWEET  DECAL  No.27 零戦52型丙 第601航空隊 戦闘310飛行隊
零戦52型丙のキット1機分に2機分のデカール、カラー塗装図、取り説がセットされています。2種類の機体塗装から、お好みの機体デカールを選択して下さい。日の丸デカール入りです。


発売予定日:10月9日  価格:¥1,050(税込価格)



★零戦52型 SWEET DECALセット第2弾は、252空の空戦訓練特別塗装!

地味な零戦52型甲の機体塗装が多い中に有って、252空の空戦訓練用の機体塗装は、空中での識別を容易にする為にプロペラ・スピンナーとエンジン・カウリングの前半を白く塗り分けて目立つ塗装を施しました。また残された記録写真から主翼前縁と翼端も白く塗られていると読み取れましたので、推定で主翼も塗り分けてみました。零戦52型甲の超ドハデ塗装を楽しんで下さい。


【SWEET DECAL No.26 零戦52型甲 第252航空隊 戦闘304飛行隊】
SWEET  DECAL  No.26 零戦52型甲 第252航空隊 戦闘304飛行隊
化粧箱入りの新しいパッケージ形態になりました。1箱に零戦52型甲のキット1機入り。イタリア・カルトグラフ社製デカールとカラー塗装図、取り説がセットされています。

発売予定日:9月10日  価格:\1,050(税込価格)


ワンダーフェスティバル2013夏に出展します。

開催日時 2013年7月28日(日曜日)10:00〜17:00
開催場所 幕張メッセ国際展示場(千葉市)1〜8ホール

当日は、オリジナルグッズや新製品(零戦52型デカールセット4種・製作進行中!)の、先行販売を予定しています。
SWEETブース、4-13-08にて皆様のご来場を、お待ちしております。


【SWEET DECAL No.25〜28 零戦52型デカールセット4点 製作進行中】

零戦52型デカールセットを8月より毎月1点づつ発売予定です。

14-D025 零戦52型/52型甲 第653航空隊 戦闘166飛行隊

14-D025 零戦52型/52型甲 第653航空隊 戦闘166飛行隊
14-D026 零戦52型甲 第252航空隊 戦闘304飛行隊
14-D027 零戦52型丙 第601航空隊 戦闘310飛行隊
14-D028 零戦52型丙 第352航空隊

いずれの機体も今までに、1/144スケールでの製品化、デカール化された事が無い物です。当時の部隊の関係者の証言や戦史、写真資料を丹念に調査した新考証にてデカール化してみました。零戦52型は塗装バリエーションが少なく地味なのですが、練成訓練機などから出来るだけ派手な機体を選定してみました。デカールはイタリア・カルトグラフ社製です。

今回の零戦52型デカールセットのパッケージ形態は、それまでの口紙(ヘッダー)袋詰め吊るしから、化粧箱入りに変更されました。
1箱に零戦のキット1機分とデカール、カラー塗装図、取り説がセットされています。

機体塗装は、それぞれ2種類用意されています。お好きな機体塗装を選択して下さい。今回は日の丸デカールも入っています。(予価:1,050円)


「まるごと零戦セット」新発売のお知らせ【発売6月中旬・価格8,400円(税込み)】

零戦11型、21型、32型、22型/22型甲、52型/52型甲、52型丙の零戦キット6種類にPHP文庫 「零戦と大空のエースたち」一冊がセットになって新発売です。
PHP文庫「零戦と大空のエースたち」の巻末特別付録には、撃墜王・岩本徹三が、戦後病床で大学ノートに書き綴った遺稿原稿が、そのまま掲載されていて、モデルファン必見です。 今回PHP研究所さんの、ご協力を得てSWEETの零戦キットとのセット販売が実現しました。 零戦21型は「横須賀航空隊・幻の砂漠迷彩塗装」の特別限定版です!
ワンフェス冬2013や静岡ホビーショー2013にて入手出来なかった方は、ぜひこの機会にお買い求め下さい。

【ご注意】この商品は流通限定(潟Cリサワ・第一営業所取扱)です。


第52回静岡ホビーショーに出展します。

場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 入場料:★無料☆
日時:《業者招待日》5月16・17日 9:30〜16:30
   《一般公開日》5月18・19日 9:00〜16:00

お友達やご家族とご一緒にぜひお越しください。

番組放送のお知らせ

イッピン「夢つくる精巧な模型〜静岡・プラモデル〜」が放送されます。
SWEETの手乗り「零戦」も1カットご紹介いただきましたので、お見逃しなくご覧ください。

《放送日程》
[BSプレミアム]
2013年4月23日(火) 午後7:30〜午後8:00
2013年5月10日(金) 午後0:00〜午後0:30(昼)

[番組サイト]
http://www4.nhk.or.jp/ippin/


新製品のご案内
    
1/144飛行機シリーズNo.33 零戦21型 横須賀航空隊 (1箱に2機入り)
ITEM:14133
1,500円(税抜き本体価格)
発売予定日:4月10日頃

1/144飛行機シリーズNo.33 零戦21型 横須賀航空隊 (1箱に2機入り)


★零戦21型 横須賀航空隊の製品化について

前作「零戦11型」の製品化に際し、各種文献を調べるにつれ名機・零戦を世に送り出す過程で、各種、新型機の開発に深く関係していた横須賀航空隊が果たした役割の大きい事が判ってきました。

零戦のデビュー戦を勝利に導いたのも横空から配属された搭乗員が深く関係していますが、横空の搭乗員のみでなく経験を積んだ優秀な整備関係者も同様です。各航空母艦や基地航空隊に配属された、横空出身の知識と経験豊富な「整備の神様」が、エンジン音を聞いただけで不良箇所を言い当てる等の逸話が零戦搭乗員の手記に、いくつも書かれていて大変興味深いものがあります。

そんな横空で昭和16年12月に行われた「零戦21型の迷彩実験塗装」については、あまり知られていません。

以前、雑誌「航空ファン」の古いバックナンバーに横空の迷彩実験に関わった方の回想が掲載されていた記憶が有りました。また昭和16年11月、横須賀航空隊に配属されて「96艦戦片翼の帰還」で有名な樫村覧一飛曹の愛弟子として厳しい訓練を経験し、252空でラバウルに進出後、最後まで実戦部隊で活躍された宮崎 勇少尉(終戦時は紫電改の343空戦闘301飛行隊所属)の回想録に「12月に入り飛行機に迷彩塗装を施す作業が連日行われた」との目撃証言が有り、この「零戦の迷彩実験塗装」についてモデラーの皆様に、ご紹介したく製品化に踏切ました。

★零戦21型の迷彩実験塗装は魅力的!

昭和16年12月、横空の飛行実験部で行われた「零戦21型の迷彩実験塗装」は、翌年2月に研究報告書「空技報0266」にまとめられて海軍各航空隊に配布されました。研究報告書には色見本の添付や使用機の機体番号も記載されていて、零戦の塗装バリエーションを推測出来る貴重な資料です。

モデル化で問題となったのは直線的な二色迷彩の塗り分け迷彩でした。報告書には添付されていた写真が欠落していて迷彩塗り分けパターンが判らない事でした。

直線的な二色迷彩塗り分け「ヨー107」号機の迷彩パターンに付いては、いろいろな写真資料を調査して空母「翔鶴」艦爆隊が昭和14年ごろ96艦爆に施した迷彩パターンを零戦21型に当てはめてみました。何やらドイツ機の迷彩に似た魅力的な機体塗装となりました。
カラフルな零戦21型の迷彩実験塗装をモデラーの皆様に楽しんで頂ければ幸いです。

★7種類の塗装例が楽しめます!

迷彩実験で使用された横空の零戦21型、5機分の機体番号に加えて「秋水」戦闘機装備予定の第312航空隊が訓練用に使用した、横空戦闘機隊の零戦21型、2機分も用意しました。デカールはイタリア・カルトグラフ社製です。

★かわいい!BOXアートに注目!

漫画家・藤田幸久さんのイラスト・コミック版です。BOX表面は迷彩実験塗装。BOX裏面は312空(旧・横空戦闘機隊)の大戦末期の塗装です。

★横須賀航空隊(横空)について

横須賀航空隊は日本海軍最古の航空隊で、各種新型機や航空兵器の開発や運用実験を行いました。海軍中から優秀な人材が集められ日本海軍航空隊の名門航空隊でした。名機零戦の開発、運用試験も横空で行われ零戦初陣の地、中国戦線へ試験中の零戦11型と横空戦闘機隊の搭乗員や整備関係者を派遣して実戦デビューを見事成功させました。

横空戦闘機隊は太平洋戦争開戦後も内地に残留しましたが、昭和19年6月には八幡部隊を編成し硫黄島に進出して米機動部隊の艦載機を迎撃しました。その後は九州の防空に、また11月以降は関東地区の本土防空の任に就きました。

昭和20年2月、横空より機材と人員を抽出してロケット推進「秋水」戦闘機を装備する予定の戦闘機隊として第312航空隊が編成され飛行訓練が行われましたが、「秋水」は開発が遅れ終戦までに配備されませんでした。

   
ワンダーフェスティバル2013(冬)
    
SWEETは2月10日(日)開催のワンダーフェスティバル2013(冬)に出展します。
ブースNo.は、7-13-05です。

当日は、2月中旬発売予定の新製品、【零戦11型】(1,500円)の先行販売を予定しています。
会場限定【零戦21型 横須賀航空隊(幻の砂漠迷彩塗装)】(予価1,200円)の発売も予定しています。
NASAちゃんと黒猫ラッキーのカワイイ!缶バッチも、おまけ用にご用意しました。

SWEET一同、皆様のご来場お待ちしてます。



零戦11型制作に至るまでのストーリー
    
【天下無敵の零戦11型】

昭和15年(1940年)7月、中国大陸上空に姿を見せた日本海軍の新鋭機、「零戦11型」は長大な航続能力、優れた格闘性能に加えて、強力な20ミリ機銃2門の威力で敵機を圧倒しました。
向かう所敵無し、天下無敵の零戦隊と賞賛された、零戦11型の発売は、新春2月中旬を予定しています。

【零戦21型から10年、零戦シリーズが零戦11型で遂に完結】

零戦21型の製品化に向け設計作業を行っていたのが、ちょうど10年前。
当時は1/144スケールモデルの魅力である凝縮された美しさ素晴らしさを理解して頂ける様、組み易く、なおかつスケール感を大切にした繊細な彫刻線に、こだわった製品開発に取り組んでいました。

「零戦21型」がモデラーの皆様方に受け入れられたならば、将来は「零戦」の各形式を製品化したいとの願いを持っていました。当時は未だ夢のまた夢の様に思え、零戦シリーズが、いつ完結出来るのか夢のままで終わるのか、先が見えない時期でした。しかしながら「零戦」を語る上で、「零戦11型」は、シリーズに欠かせない必須アイテムですから、モデル化の前準備は行いました。

零戦21型の機首下面のオイルクーラーとエンジン・カウルフラップを一体化した部品は、部品数を抑え組み立て易くすると共に、11型へのバリエーション転換を容易にする為、前準備して部品分割を試みた思い込みのある部品です。
零戦21型から10年が経ちましたが零戦シリーズ最後の「零戦11型」で、やり残したオイルクーラー部品や初期型風防を新たに設計して、やっと新金型にまとめ上げる事が出来ました。
発売した「零戦21型」は幸いにしてモデラーの皆様方のご支持を得て、この10年間で零戦の各形式を製品化する事が出来ました。加えて「二式水戦」までも製品化が出来て、当初の夢を叶える事が出来ました。

この10年間SWEETをご支援下さいましたモデラーの皆様に感謝申し上げますと共に、一新された「零戦11型」の初期型風防(モデル化は多分本邦初!)やオイルクーラーと排気管部品を、ぜひご覧頂けます様お願い申し上げます。

【デカールに込められた、驚きのイタリア職人技】

デカールは第12航空隊と第14航空隊から9種類用意しました。
12空の尾翼に描かれた鳶(とび)の撃墜マークは1/144スケールで直径0.5ミリの小さな円の中に鳶(とび)のマークを入れるという難題ですが、イタリア・カルトグラフ社の職人技で見事に再現して印刷してくれました。
SWEETの製品には、こうしたイタリア人の物作りへの、こだわりや技にも支えられています。

【BOXアートも必見です!】

零戦11型の初期型と後期型の特徴や零戦21型との違い、機体塗装について漫画家・藤田幸久さんがイラストで、判り易く解説してくれます。

zero11model_box
化粧箱裏面のNASAちゃんの水着の日焼け跡をヒントにして、12空の零戦11型の胴体が前後で塗り分けた様に見える、機体塗装に付いて推測して見て下さい。


明けましておめでとうございます☆

零戦11型
零戦11型 新春2月に発売予定です。
本年もよろしくお願いいたします。

2013 元旦 SWEET


タミヤフェア2012に出展しました。

場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 入場料:★無料☆
日時:11月17日(土曜日)9:00〜17:00〜18日(日曜日)9:00〜16:00



 「零戦黒猫一家」の販売について

静岡ホビーショーで販売しました「零戦黒猫一家」(フィギュア3体)は、好評につき
ワンダーフェスティバル 2012[夏]でも販売します。

SWEETのブースNo.7-02-14で、皆様のご来場お待ちしております。

★ 二式水戦デカールセットNo.20〜24の先行販売が出来るかも?

零戦黒猫一家バックショット
みなさまのお越しをおまちしております。


デカールセットついに完結!


零戦異色の応急迷彩塗装です。昭和18年4月、「い号」作戦にてラバウルに進出した
空母飛鷹(ひよう)戦闘機隊は、それまでの全面灰緑色塗装の機体に暗緑色をスプ
レーガンにて大きなはん点模様に荒々しく吹き付け塗装をしました。垂直尾翼の赤に
白縁取りの横線2本は長機標識です。長機と列機、2種類のデカールを用意しました。

1/144 SCALE SWEET DECAL No.19 ITEM 14-D019
▲ 1/144 SCALE SWEET DECAL No.19 ITEM 14-D019
ZERO FIGHTER A6M2b Hiyou Fighter Group (Emergent Camouflage Ver.)
No.19 零戦21型 飛鷹(ひよう)戦闘機隊(応急迷彩 Ver.)

発売予定日7月10日頃 価格600円(税抜き本体価格)


昭和18年1月南太平洋海戦後に空母瑞鶴(ずいかく)戦闘機隊がラバウルへ進出
時の塗装です。それまでの部隊記号が「AI-2」から「AI-1」に変更になり、胴体の白
帯も2本から1本に変更されました。垂直尾翼に白線3本線の隊長機と1本の小隊長
機の2種類のデカールを用意しました。

1/144 SCALE SWEET DECAL No.18 ITEM 14-D018
▲ 1/144 SCALE SWEET DECAL No.18 ITEM 14-D018
ZERO FIGHTER A6M2b Zuikaku Fighter Group
No.18 零戦21型 瑞鶴(ずいかく)戦闘機隊

発売予定日7月10日頃 価格600円(税抜き本体価格)


大分航空隊で行われた戦闘機操縦員教育に使用された珍しい塗装例。
格闘戦訓練にて敵味方の識別が容易になる様、水平尾翼、垂直尾翼を白色に塗り、
エンジン・カウリングとプロペラ・スピンナー先端も白色で塗り分けています。
また空中での視認を容易にする為、機体全面を暗緑色に塗装しています。

1/144 SCALE SWEET DECAL No.17 ITEM 14-D017
▲ 1/144 SWEET DECAL No.17 ITEM 14-D017
ZERO FIGHTER A6M2b Oita Flying Group
No.17 零戦21型 大分航空隊

好評販売日中! 価格600円(税抜き本体価格)


戦闘機の教育部隊の神ノ池航空隊で使用された全面灰緑色塗装の零戦21型。
先に発売したNo.13の(コウ-170)の上面暗緑色の機体と類似した、垂直尾翼
上端を赤色に塗装しているのが珍しい。主翼下面には「96」の機番が黒色で大
きく描かれているのは教育部隊ならではの塗装。作り比べると面白い。

1/144 SCALE SWEET DECAL No.16 ITEM 14-D016
▲ 1/144 SWEET DECAL No.16 ITEM 14-D016
ZERO FIGHTER A6M2b Kounoike Flying Group
No.16 零戦21型 神ノ池航空隊(コウ-169)

好評販売日中! 価格600円(税抜き本体価格)


第51回 静岡ホビーショーに出展しました。
新製品や会場限定販売の「零戦黒猫一家」の猫のパイロット・フィギュアー3匹が皆様のご来場をお待ちしております。
[第51回 静岡ホビーショーは終了しました。お越しいただいたみなさまありがとうございました。おつかれさまでした。]

「SWEETのNASAちゃんと黒ネコのラッキー」の作者、藤田幸久さんの描くBOXアートの世界。
SWEETが10年間育て上げて来た、かわいい!キャラクター達を立体化してみました。「零戦黒猫一家」に登場する個性的な3匹の猫パイロットは、レジンキャスト組み立てキットです。

零戦黒猫一家
▲種類は全部で3種類です。画像はBOXアートのイメージです。

零戦黒猫一家img
イラスト・監修:藤田幸久 原型制作:安芸製作所

場所:ツインメッセ静岡 
入場:無料!★☆
日時:5月17〜18日(業者招待日)・5月19〜20日(一般公開日)


零戦21型 デカールセット第三弾5月発売は、撃墜王・坂井三郎搭乗機!

1/144 SCALE SWEET DECAL No.14 ITEM 14-D014

1/144 SCALE SWEET DECAL No.14 ITEM 14-D014
零戦21型 台南航空隊(V-103) 坂井三郎一飛曹 搭乗機

有名なエース・坂井のガダルカナル攻撃初出撃の空戦にて被弾負傷して
ラバウルに帰還した時の機体「V−103」号機です。当時の機体番号は黒
色で記入しています。また「3」は、上が平らな「ろ」の様な字体を台南空は
使用していました。胴体帯の色は赤色が正しい様です。アンテナ支柱はノ
コギリにて根元から切断し取り去っていました。


1/144 SCALE SWEET DECAL No.15 ITEM 14-D015
▲1/144 SCALE SWEET DECAL No.15 ITEM 14-D015
零戦21型 霞ヶ浦航空隊

「カ-104」は、何度も塗り変えられた機体ですが以前の考証では機体下面
が練習機のオレンジイエローとされてきました。最近の考証で機体全体が
暗緑色が正しい様です。機体番号は黄色と推察しましたが白色かもしれま
せん。「カ-104」のコードレターは、白色と黄色の両方を用意しました。

発売予定日5月10日頃 価格600円(税抜き本体価格)


ニュースタイルの零戦21型デカールセット、新発売!

4月第2弾の発売は下記2点です。

発売予定日:4月11日 価格:各600円(税抜き本体価格)

ミッドウェー海戦後に第2航空戦隊の2番艦となった空母隼鷹(じゅんよう)戦闘機隊の三菱製 の機体「A2-2-102」と、胴体に白縁付の日の丸を描き込んだ中島製の機体「A2-2-151」をデ カール化しました。胴体には2番艦をあらわす赤帯2本が色鮮やかに記入されています。この 時期は味方識別黄色帯が主翼前縁に幅広で大きく描かれており大変目立ちます。三菱製と 中島製の零戦21型の隼鷹戦闘機隊の機体を作り比べるのも面白いでしょう。


1/144 SCALE SWEET DECALNo.12 ITEM:14-D012
▲ 零戦21型 隼鷹(じゅんよう)戦闘機隊

★1/144 SCALE SWEET DECAL No.12 ITEM 14-D012



「コウ-170」は神ノ池航空隊の教官クラスの搭乗員が使用した機体と思われます。垂直尾翼の 先端は従来の考証では黄色となっていますが、SWEETの解釈で赤色としました。「コウ-170」 はシンプルですが見栄えのするSWEET一押しの機体塗装です。アンテナ支柱は52型タイプの 短い支柱に換装されています。機番は「コウ-125」「コウ-170」の2種類用意しました。


1/144 SCALE SWEET DECALNo.10 ITEM:14-D013
▲ 零戦21型 神ノ池航空隊(コウ-125 Green Ver.)

★1/144 SCALE SWEET DECAL No.13 ITEM 14-D013

先に発売しました、No.8「零戦21型 日の丸デカール」応援プロジェクトとしてSWEETが厳選した零戦21型の機体塗装 10種をデカール化しました。デカールセットには1/144スケール 零戦21型1機分のキットとカラー塗装図が入っています。
デカールはイタリア、カルトグラフ社製の高品質デカールです。セット形態は口紙(ヘッダー)袋詰め吊るしです。
価格も600円(税抜き)と大変お求めやすくなっています。3月より毎月2種類ずつ発売の予定です。

(注意)デカールセットには「日の丸」は入っておりません。No.8「零戦21型 日の丸デカール」を別途お買い求め使用し て下さい。

3月第1弾の発売は下記2点です。

発売予定日:3月15日 価格:各600円(税抜き本体価格)


1/144 SCALE SWEET DECALNo.10 ITEM:14-D010
▲ 1/144 SCALE SWEET DECALNo.10 ITEM:14-D010

★1/144 SCALE SWEET DECALNo.10 ITEM:14-D010 零戦21型 台南航空隊(V−172)

太平洋戦争開戦に備えマレー作戦担当の第22航空隊の、戦隊司令部付戦闘機隊として台南航空隊より転出途中に、 敵地に不時着大破した機体を「フライングタイガース」として有名な米陸軍航空隊の在中国航空任務部隊に捕獲され 飛行可能に復元された最初の零戦21型。当時の台南空の機体にはアンテナ支柱が装備されていました。

1/144 SCALE SWEET DECALNo.11 ITEM:14-D011

▲ 1/144 SCALE SWEET DECALNo.11 ITEM:14-D011

★1/144 SCALE SWEET DECALNo.11 ITEM:14-D011 零戦21型 201航空隊(W1-165)

ラバウル方面の戦闘で奮闘した部隊です。機体塗装に暗緑色の迷彩が施され始めた頃の機体です。主翼の上下面 には編隊飛行訓練の目安にした白帯が「ハ」の字型に斜めに描かれている大変目立つ機体塗装です。この頃のプロペラ・スピナーは暗緑色に塗られています。

ワンダーフェスティバル 2012[冬]に出展します。

場所:幕張メッセ

開催日:2012年2月12日

ブースNo.6-02-05にて皆様の、ご来場お待ちしています。

★ WF会場にて新製品SWEET DECAL No.10〜No.19零戦21型デカール・セットの展示発表を行います。

もしかするとWF会場にて先行販売が出来るかも? 


零戦21型 日の丸デカール&零戦52型 日の丸デカール 同時発売

零戦21型 日の丸デカール
▲ 14-D008 零戦21型 日の丸デカール 1,000円(税抜)

零戦52型 日の丸デカール
▲ 14-D009 零戦52型 日の丸デカール 1,000円(税抜)

◎ 発売予定日:11月15日頃

1/144スケールの零戦21型(32型/22型/二式水戦共通)と零戦52型各シリーズに使用できます。

戦況の変化にともなう「日の丸」の変遷や製造メーカーによる形状の違いにも、こだわって再現しました。 日の丸の赤色にも注目!1/144スケールに最適にブレンドした「スイート・レッド」と呼ばれる「日の丸」専用 の特色を使用しています。デカールはイタリア・CARTOGRAF社製です。

SWEETでは、零戦21型/52型 日の丸デカール発売に合わせて「日の丸デカール応援プロジェクト」の 新企画が進行中です。

最新の考証を基にSWEETが厳選した零戦21型の機体塗装10種のデカール化、発売形態や価格、販売方法は近日発表致します。ご期待下さい。

【幻の零戦62型用落下タンク発見!】

零戦62型(A6M7)主翼下面左右に装備したと思われる、新型の統一型二型(木製)落下増槽(タンク)を SWEETの地元、静岡県牧之原市相良にて発見しました。

全面暗緑色の戦争末期の塗装です。また岐阜県高山市に現存する零戦52型乙/丙(A6M5b/A6M5c)に装備された統一型三型(木製)落下増槽の暗緑 色のタンクも取材しました。詳細はまた後程お知らせします。
新型の統一型二型(木製)落下増槽(200リットル)
▲ 新型の統一型二型(木製)落下増槽(200リットル)

第50回静岡ホビーショーに出展します。

場所:ツインメッセ静岡 入場料:無料!
日時:(業者招待日)5月12日(木曜日)〜13日(金曜日)9:30〜16:30
   (一般公開日)5月14日(土曜日)9:00〜17:00〜15日(日曜日)9:00〜16:00

★新製品や会場限定品を用意して皆様のご来場を、お待ちしております。

★NEW ITEM(新製品)


ITEM:14131 二式水戦(電光一閃)

発売予定:6月 予価:2,000円(税抜)

★静岡ホビーショー会場にて先行販売出来るかも?★


この度の震災により被害にあわれた皆様へ謹んでお見舞申し上げるとともに、
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。




1/144 二式水戦発売予定日のお知らせ


▲ 1/144 二式水戦 (ショートランド)

NAKAJIMA A6M2-N Type 2 Floatplane Fighter (shortland)
発売予定日:4月5日
価格:2,000円(税抜き)
BOXイラスト:大西 將美

二式水戦開発についてはこちら・・・

とりあえず二式水戦(テストショット)で完成品を作ってみました。


▲ 台車つき

二式水戦(テストショット)
▲▼ 波の情景ベースつき

二式水戦(テストショット)


二式水戦(テストショット)

▲ 灰緑色・暗緑色で4機作ってみました。
1箱に2機セット、台車と波の情景ベースもついてます。


ワンダーフェスティバル 2011[冬]に出展しました。


ブースNo.:3-14-4
日 時:2月6日(日曜日)

●WF会場では、リニューアル版【SWEETのNASAちゃんと黒ネコのラッキー】のフィギュアーを販売します。 SHOPで入手出来なかった方は、この機会にお求め下さい。

●SWEETオリジナルグッズの新作も販売します。

●【NEWS】1/144スケール 新製品【二式水戦】(インジェクションキット)初公開!です。

アメリカ軍が1942年8月、占領したツラギにて捕獲回収し詳細に調査した二式水戦の貴重な資料を基にして SWEETが製作した決定版!【二式水戦】です。 正確な外形線図、断面から設計、再現した主フロート(浮舟)、補助フロート形状。 約8cm延長された垂直尾翼と方向舵。補強された操縦席付近の外板パネルの零戦との違い。 オイルクーラー排気口の位置等、新情報が盛り込まれた二式水戦を是非WF会場にてご覧下さい。


SWEETは ホビーのまち静岡 クリスマスフェスタ2010に出展します。

日 時:12月18日(土)〜19日(日)9:00〜17:00
場 所:ツインメッセ静岡

みなさまのご来場をお待ちしております。


製作参考ページのお知らせ

『SWEETのNASAちゃんと黒ネコのラッキー』の原型製作と
監修をしていただいた“だいてん(ぷるぷるっと)”さんのサイトには、
フィギュアモデル初心者にはとっても参考になる製作の情報がいっぱい掲載されています!


SWEETはタミヤフェア2010に出展します。

みなさまのご来場を、新製品をご用意してお待ちしております。
日  時:11月20・21日

入場無料です。

【★ NEW ITEM ★】

SWEETのカワイイ!看板娘NASAちゃんと黒ネコのラッキーがフィギュアになって登場!
SWEET新商品 SWEETのカワイイ!看板娘NASAちゃんと黒ネコのラッキーがフィギュアになって登場!
タミヤフェア2010会場にて発売いたします。
瞳デカール付! 価格:3,000円(税抜き)


【★ NEW ITEM ★】

SWEET新商品 1/144零戦21型 空母戦闘機隊
1/144零戦21型 空母戦闘機隊
発売予定:12月上旬発売予定 価格:1,200円(税抜き)1箱に2機入り

空母部隊10種類のマーキングが再現できます!


ワンダーフェスティバル2010夏出展します。

みなさまのご来場を、新製品をご用意してお待ちしております。

ブースNo:4−08−07
日  時:7月25日(日)

【★ NEW ITEM ★】

1/144零戦52型乙(爆戦型)
Fighter Bomber Type ZERO FIGHTER A6M5b Model 52b
発売予定:7月28日 価格:2,000円(税抜き)

SWEET新商品1/144零戦52型乙(爆戦型)
【★ サプライズ 新製品 ★】

根室拓殖鉄道のチビ・ガソリンカー(かもめ号)

当日はいいお天気になると思います。
体調に気をつけていらして下さいね☆

第49回静岡ホビーショーに出展します。

新製品や会場限定品を用意して皆様のご来場を、お待ちしております。

場  所:ツインメッセ静岡 
入場料:無料!★☆
日  時:5月13〜14日(業者招待日)・5月15〜16日(一般公開日)

【★ NEW ITEM ★】

統一型二型(木製)落下タンク・セット
Type-2 Wooden DROP TANK SET
発売予定:6月 予価:1,500円(税抜き)

SWEET新商品 統一型二型(木製)落下タンク・セット

ワンダーフェスティバル 2010 冬(2月7日(日)開催)に出展します。

ブースNo.はC06-11で す。みなさまのご来場を新製品をご用意して、お待ちいたしております。

ウェルかめ〜♪


ワンフェス2010冬・会場販売(数量限定です!)

SWEETのコミックBOXの作者・藤田幸久さんのイラスト・ポスター発売します。
(1セット3枚・B4変形サイズ・予価2,000円(税込み))

零戦誕生70周年ポスター/赤城戦闘機隊(ハワイ)/零戦52型/52型甲(本土防空戦)
数に限りがございます。お早めにお求め下さい。

ポスター 赤城戦闘機隊



2月中旬発売予定新製品のお知らせ

2月中旬発売予定新製品・零戦52型丙(へい)1,200円(税抜き)
BOX印刷やセットなどが間に合えば・・・ワンフェス会場で先行発売できるかも?

【零戦52型シリーズ、最強の52型丙(へい)登場!】

零戦52型丙(へい)
1/144 ZERO FIGHTER A6M5c Model 52c

零戦52型 丙

● 零戦の主翼20mm機銃外側に13ミリ機銃を追加した零戦52型シリーズの最終型、
最強の零戦52型丙(へい)のキットです。

4点懸下式木製落下タンクや複雑な主翼パネルの彫刻、
追加された13ミリ機銃の冷却孔まで1/144スケールでリアルに再現しました。

203空や神雷部隊(701空)など、中島製の機体塗装例7種類のデカール入りです。

● ボックス・アートは、北九州地区防空戦で活躍した、
第203航空隊戦闘303飛行隊の谷水竹雄機、胴体部分にB−29爆撃機と
米軍の星のマークを記入した有名な機体と零戦搭乗員を大西将美氏のイラストで再現しました。

● BOX裏面は零戦誕生70周年を記念した漫画家・藤田幸久氏のコミック・イラストです。

零戦誕生70周年


☆★ あけましておめでとうございます ★☆

おかげさまでSWEETは10周年をむかえます。
2010年もSWEETをよろしくお願い致します。



ワンダーフェスティバル 2009 夏(7月26日開催)に出展しました。

「零戦52型 丙」の完成品展示と、間に合えば藤田 幸久さんイラストBOX版「特別限定・零戦52型丙」が販売しました。


お越しいただきありがとうございま〜す!



第48回 静岡ホビーショー出展

SWEETの新製品情報はブースにてご紹介いたします!みなさまのお越しをおまちしてます。

場所:ツインメッセ静岡 
入場:無料!★☆
日時:5月14〜15日(業者招待日)・5月16〜17日(一般公開日)

ニイタカヤマノボレ

零戦21型 空母・赤城戦闘機隊1小隊(3機入り)セットは12月1日SWEETより、各地の問屋様に向け発送完了しました。2〜3日後には全国各地のモデルショップ店頭に並びます。流通限定・数量限定商品ですので、お早めにお買い求め下さい。

直径0.25mm極細ピトー管部品の組み立て説明

零戦21型・赤城戦闘機隊小隊セットに入っている、極細ピトー管先端の細いヒゲ状の物はピトー管部品を成形する為に必要なガス抜き加工のヒゲです。
こちらは不要ですので、切取ってご利用下さい。

また、ピトー管の主翼への接着には、タミヤセメントを付け根にチョン付けした後で、透明瞬間接着剤(白濁しない物)を、主翼下面側のピトー管付根部分に盛ると、ピトー管を補強する事が出来ますので、試してみて下さいね☆

零戦22型/22型 甲 発売のお知らせ
1/144ZERO FIGHTER (A6M3 Model 22)

零戦のバリエーション中、一番優雅で美しい零戦22型の登場です。BOXアートは激戦のソロモン・ラバウルの空を往く第582航空隊 進藤飛行隊長機です。

発売予定日:11月 26日(水)頃です。 価格:1200円(税抜き)

零戦22型/22型 甲 (ZERO FIGHTER A6M3 Model 22 )11月26日に発売予定です

582空 進藤隊長機の考証について

先に大日本絵画より刊行された「1/144ベーシック大戦機編」の特別付録SWEET製「零戦22型/22型甲」に付属のデカール進藤隊長機・黄色三重クサビ機番「181号」の考証は、大阪在住の浅野 優氏が長年に渡る調査活動によって得られた考証です。元582空 整備員の方が、黄色二重クサビ・機番「173号」以外に黄色三重クサビ機番「181号」が存在したとの証言に基づくものです。

今回は、付録デカール作成にあたり、浅野氏のご協力を得て作成いたしました。
ここに厚くお礼申し上げます。
                                   SWEET 杉田 悟

零戦21型空母・赤城戦闘機隊1小隊(3機入り)セット発売のお知らせ
A6M2b ZERO FIGHTER AKAGI Fighter Group (Pearl Harbar)

先に発売しました、SWEETデカールセットNo.7「赤城戦闘機隊(ハワイ・真珠湾攻撃)」に、「零戦21型」を3機分とSWEETが催事限定で販売している「直径0.25mm極細ピトー管部品」を追加したお得なキットです。

さらに、漫画家・藤田 幸久さんファンのみなさまへのクリスマスプレゼントとして、今回!特別書き下ろしのSWEETのNASAちゃんと、黒猫ラッキーの素敵なコミックBOX版での限定販売キットです。
(流通限定・生産数限定商品につき、一部地域で入手困難な場合が予想されます。早めのご予約をおすすめします。)

発売予定日:12月 8日迄に発売します。 価格:2000円(税抜き)

零戦21型 空母・赤城戦闘機隊 1小隊(3機入り)セット
▲ パッケージイメージです!


SWEETは今年もタミヤフェア2008に出店しました!

2008 ★☆タミヤフェア ツインメッセ静岡で開催されます★☆
新製品「零戦22型/22型甲」と 「零戦21型空母・赤城戦闘機隊1小隊セット」はパッケージ等の印刷が間に合えば、発売できるかも?

場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 
入場:無料!★☆
日時:11月22日(9〜17時)・11月23日(9〜16時)


2008 WF (ワンダーフェスティバル)出展のお知らせ

8月3日(日)今年もワンフェスにSWEETが出展します。
今年のワンフェスではドラム缶セットの販売を予定してます。

夏の思い出にぜひいらして下さいね☆
ブース:F20-02であなたのお越しをお待ちしております!

発売日の訂正について

MODEL Art(モデルアート)9月号 P37に掲載されてたリリース情報ですが、
零式艦上戦闘機22型/22型甲(12月頃発売)予定の所、(8月発売)と記載されております。

正しくは12月頃発売です。お詫びして訂正させて頂きます。

特別付録として『1/144 BASIC』にSWEET特製の零戦22型がつきます!

スケールアヴィエーション2008年9月号別冊『1/144 BASIC』(イッチョンチョン・ベーシック)の特別付録にSWEET製New kit ”1/144 零戦22型”がついてきます。

付録キットのオリジナル・デカールはカルトグラフ社製を使用し、4つの塗装パターンから1つ製作出来るようになってます!

発売は9月5日(金)発売予定 予価:2940円です。

額装複製画 受注販売終了のお知らせ

6月28日をもちまして、ボックスアート額装複製画の受付を終了致しました。
ありがとうございました。

大西 將美 ボックスアート額装複製画 受注販売の御案内

静岡ホビーショーにて展示いたしましたイラストの中より次の2作品を額装状態で発売します。
1. 二號零戦(報国號)
2. 零戦22型/22型甲

←二號零戦(報国號)額装状態
零戦22型の額装イメージはSWEETブース(open前)の画像でご確認下さい。

★ サイズ ★
画寸法 40cm x 58cm
額寸法 57cm x 75cm

いづれもデジタル高精細複製印刷(50年耐久性インク8色使用)作者サイン入り
価格:各36,000円(消費税・送料込み)
ご注文締切り:6月28日(受付は終了致しました。ありがとうございました。)
額装イラストのお引渡し日はご注文締切り後、約1ヶ月です。

第47静岡ホビーショー レポートつづき


▲SWEETブース(open前)

5月発売の新製品「二號零戦(報国號)」と、
次期新製品「零戦22型/22型甲」を会場にて発表しました。

零戦32型と22型 甲
▲零戦32型と22型 甲

零戦22型/22型 甲
▲零戦22型/22型 甲

二號零戦(報国號)

▲二號零戦(報国號)

零戦22型 甲

▲零戦22型 甲

零戦32型 2-181(2空)

▲零戦32型 2-181(2空)


また、催事限定商品「極細ピトー管セット」と「1/144ドラム缶セット」を発売しました。
特にドラム缶は、零戦の整備の情景やアメリカ軍・PSPマットの情景用小道具として開発した物ですが、鉄道模型のNゲージ用に流用出来ると鉄道模型ファンが大量に購入され予想外の驚きでした。



会場では、新製品「二號零戦」・「零戦22型」の完成品を皆様に見て頂きました。
SWEETの零戦への熱い思いを込めた、これからの製品企画・開発にご期待下さい。

SWEET一同これからも皆様に楽しんで頂ける1/144飛行機のモデル開発に
より一層がんばります!
これからも応援よろしくお願い申し上げます。

第47静岡ホビーショーご来場ありがとうございました。

好天に恵まれた今年のホビーショーは、国産プラモ誕生50周年を記念して、
ブルーインパルスの祝賀飛行も行われて、会場は日本全国各地や海外から
のモデラーで、大変なにぎわいとなりました。

SWEETブースにお立ち寄り下さいました、たくさんのモデラーの皆様ありがとうございました。

第47回 静岡ホビーショー出展 SWEET 二號零戦(報国號)速報

SWEET 二號零戦のパッケージ
「零戦」のバリエーションの中で主翼端を角型にキリリと切り詰めた、ひときわ異彩を放つスタイルの「零戦32型」は、航続距離の短さのみ大きく取り上げられ評価が低いのが常である。

モデラーの皆さんは、「ダメ戦=32型」のイメージとなっていないだろうか?
最近の文献では学研「歴史群像」太平洋戦史シリーズvol.33「零式艦上戦闘機2」や神立尚紀氏の著書「零戦隊長」、 古くはエアーワールドFeb.89の零戦特集の零戦32型の項を、よくよく読むと「ダメ戦=32型」のイメージが払拭される。

零戦32型は後の零戦52型のベースとなった「最良の零戦」なのではと思えるのです。こんな視点で1/144スケールの零戦32型の設計開発を進めると、 今まで見えていなかった新事実や発見が多々有ってワクワクする。

問題は小さな1/144スケールで、どこまで再現出来るかです。例えば直径が増した100発入りドラム弾装の膨らみが主翼下面の涙滴型カバーに納まりきれず 主翼上面の点検カバーにも、逃がしの膨らみが付けられている。これは上野の科学博物館の複座零戦や、ニュージーランドの零戦22型でも確認出来る。

また翼端下面の前桁には零戦21型の翼端折り畳み機構の引込式の手掛け(ハンドル)が、そのまま残されている事や、 角型の翼端は生産を簡易化する為プレス加工した上下を合わせ面で溶接して一体化している。よって今まで多くの図面に、 書き込まれていた翼端中央のパネルラインは不要である事に気付く。些細な事だが、こだわって小さなモデルに再現してみたい。 またキット名称を制式採用前の「二號零戦」と、こだわってみた。

これは多分に神立尚紀氏の著書「零戦隊長」の影響による物です。
BOXイラストは大西 將美氏に東部ニューギニアのブナ飛行場で新鋭機、 二號零戦を前にして得意顔の若き零戦搭乗員を描いて頂いた力作です。

二號零戦(報国號)は現在鋭意製作中です。見本市SWEETブースにて展示致します。
ご期待下さい!報国號5機分のデカール付。1箱に2機入り。予価1,050円 発売予定 5月

翼端を角型にキリリと切り詰めたスタイルが魅力の二號零戦(零戦32型)。
新考証にて翼端形状を正確に再現しました。東部ニューギニア戦線にて活躍した、 2空や台南空所属の報国號、5機分のデカール付き。1箱に2機入りです。

テストショット・キットを仮組みスミ入れした二號零戦(零戦32型)
SWEET 二號零戦SWEET 二號零戦SWEET 二號零戦 セット


 SWEETデカールNo.07 発売のお知らせ
日本海軍航空母艦・飛行甲板セットの発売後、SWEETには「空母搭載機のすべての機体番号等をデカールにして発売して欲しい!」とのリクエストがたくさん寄せられました。これにお応えして、零戦21型用の空母・赤城戦闘機隊デカールセットを発売します。

ハワイ・真珠湾攻撃に参加した赤城戦闘機隊、全21機分の機体番号や胴体赤帯。黄色の隊長機標識の描かれた、第一次攻撃隊制空隊指揮官機(板谷 茂少佐AI-155)や第2次攻撃隊制空隊(指宿 正信大尉AI-103)機など、すべての機体を高品質なカルトグラフ社製デカールにまとめました。

機体に描かれた機体番号は、記録写真に考証を加えて正確な書体を再現。零戦21型用の「日の丸」等共通マークは3機分(1小隊)おまけデカールが含まれています。

発売:3月10日発売 価格:1050円です。
 2008 冬のワンフェス情報!
SWEETは今年もワンフェス2008 冬に出展します。ブース?C18-10でみなさまのご来場おまちしております。

◆ 会場限定販売 ◆
・1/144零戦用極細(0.25mm)ピトー管 8本セット 予価:300円
プラスティック射出成形の限界に挑戦しました!

・二式水戦の再販や、その他オリジナルグッズなど色々

◇ 会場発表新製品 ◇
・1/144 SWEET DECAL No. 07 予価:1000円
零戦21型 空母・赤城(あかぎ)戦闘機隊(ハワイ・真珠湾攻撃)

・零戦22型、32型ボックスアート

SWEET1/144シリーズ 20作目発売!PSPマット販売は12月7日です。

PSPマット・滑走路施設用穴あき鉄板
PSPマットの製品化はP-51マスタング戦闘機の取材のために訪れた、アメリカ空軍博物館(オハイオ州・デイトン)にて、博物館員からPSPの重要性等を熱心に説明され、勧められて実現しました。彼等が、いかにPSPに愛着をもっているか取材写真を掲載しました。こちらからご覧下さい♪

SWEETは11月23日(祝)・24日(土)に開催される”タミヤフェア2007”に出展しました。
ご来場いただきありがとうございました。
タミヤフェア2007
WF2007夏にて大好評の二式水戦の再販希望が多く寄せられました。
皆様からのご要望にお応えして、タミヤフェア会場にて少量ですが、 販売致しました。

★☆場所:ツインメッセ静岡 北館/南館 入場:無料!★☆
  日時:11月23日(9〜17時)・11月24日(9〜16時)


日本海軍航空母艦(翔鶴・瑞鶴型)飛行甲板セット(後部・リフト&延長飛行甲板付き)
 11月15日頃 新発売! 1050円(税込み)

今まで袋詰め吊るしのパッケージにて販売されていた、リフト部分と延長甲板部分を合体!
1セットにして新しく化粧箱入りとなって販売です。(従来製品も平行販売致します。)
箱絵イラストは、”月刊モデルアート”に「零戦大図鑑」「日本機大図鑑」を執筆されている
佐藤 邦彦氏にお願い致しました。

キットには、零戦21型などの艦載機モデルは入っていません。別途お買い求め下さい。
SWEETの零戦21型や食玩モデルの展示用に、あるいはミニ情景モデルのベース用として
飛行甲板セットを活用し、マイ空母を作って楽しんで下さいね!

日本海軍航空母艦(翔鶴・瑞鶴型)飛行甲板セット(後部・リフト&延長飛行甲板付き)
海外モデルメーカー製の飛行甲板(別スケール)は、考証やディテールに?があり、 日本のモデルメーカーとして、より正確な日本空母の飛行甲板をモデル化したいとの思いで製品化しました。

リフト部分の金属と木製甲板の材質感の違いや艦載機を繋ぎ止める「眼環」など詳細でこだわりの彫刻をぜひ手に取ってご覧下さい。


第15航空軍マスタング10月5日発売しました★

1/144 P-51B/C 15th Air Force MUSTANG (P-51B/C 第15航空軍マスタング) お待たせしました。10月5日に発売致しました!

SWEET P-51B/C 第15航空軍マスタング SWEET P-51B/C 15th Air Force MUSTANG
キットには第15航空軍から、特に色鮮やかな機体を4機分選んで、デカール化しました。
イラストは藤田 幸久さんの、SWEETのNASAちゃんと黒ネコ・ラッキーのコミックBOX版です。
作例のように4機作り並べて、楽しんで下さいネ!
SWEET P-51B/C  第15航空軍マスタング

ワンフェス2007夏に出展しました。ありがとうございました。


★ ☆ ★ ☆ ★ WF2007夏 SWEET情報 ★ ☆ ★ ☆ ★

WF夏と言う事で、突然ですが「二式水戦」発売しました!
SWEET 2007夏のWF
SWEETでは、新資料と新考証で「二式水戦」キット化の為の、
形状検討・試作モデルを製作していました。
ご来場下さるSWEETファンの皆様に、この試作モデルを複製レジン・キットとして販売しました。

ベース・キットの零戦21型に、主翼・後部胴体・主フロート・サイドフロート等の改造レジン・パーツを、取付ける組み立て式モデルです。
(各レジン・パーツの他に零戦21型1機とデカールが入っています。)

胴体中央部の切断、転覆保護支柱の削除等の工作が必要な上級モデラー向けキットです。
説明図や二式水戦デカールも特に用意されておりません。

SWEET 2007夏のWF限定「二式水戦」 SWEET 2007夏のWF限定「二式水戦」
キットには、藤田 幸久さんのWF用書き下ろしイラストと完成写真が入ります。
生産数量は少数です。

「二式水戦」は販売当日の11:44(1/144?!)に限定生産分は完売致しました。
ありがとうございました★

★ P-51B/C アメリカ第15航空軍マスタング(MTO・地中海戦域)
カルトグラフデカールの到着が、間に合い先行発売しました。

P-51B/C POW MUSTANG発売しました。

7月7日にお待ちかねのP-51B/C POW MUSTANGが発売されました。
お近くの模型店にぜひお立ち寄り下さい。

藤田幸久さんファンのあなたに素敵なお知らせ!

藤田幸久さんファン待望のグッド ニュースです。
月刊モデルグラフィックス誌に好評連載中の”雑多えんたあていめんと。”が一冊の本になって8月上旬に発売(予定)となりました。
修正・加筆はもちろん新たな書き下ろし作品も多数収録とのこと。

価格未定/A4版ソフトカバー/96ページ(カラー16ページ)
お問い合わせは 株式会社 大日本絵画 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-7
TEL:03-3294-7861

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2006-2016 SWEET Aviation model div. All Rights Reserved.
当ホームページの画像やデータなどの無断転載・無断使用は固くお断りいたします。